What's new
 
Feb 11, 2013 - Prosim Goes Electromechanical

With the completion of the design and development of.

Read full article »
Feb 11, 2009 - Fast & Flexible Prototype Evaluation

Imagine a wear simulator that can be used for the wear testing of hip.

Read full article »

膝関節シミュレーター:

浸漬ステーション 1 つの拡大表示を 装備した個別制御の 3 ステーション 型膝関節摩耗シミュレーター.

hip spine thumb
hip spine thumb

軸力は、サーボモーター駆動の偏心 カムによって制御されます.

Knee Wear Simulator (Independent Stations) (独立ステーション型膝関節摩耗シミュレータ) - 概要

膝関節の可動性は、効果的かつ正確な in-vivo テストを行ううえで非常に重要な問題になります. Biomet と共同で設計および開発された Prosim Knee Wear Simulator (Independent Stations) は、独立した各ステーションで力および変位を完全に制御し、ステーションごとの自立的な動作を実現します. 本シミュレーターの開発では、以下の主要目標が念頭に置かれました:

  • ISO 14243-1 (2009) および ISO 14243-3 (2004) 両方の要件を完全に満たすシミュレーターを設計および製造する.
  • 有害な摩耗のテストのため、既存の ISO 要件をはるかに上回る性能を実現する.
  • 完全に独立したステーションで、個別の要求波形を実行する.
  • 膝関節の深屈曲を再現する.
  • 仮想ばねによって軟組織を再現する.

Prosim Knee Wear Simulator (Independent Stations) は、膝関節インプラントの信頼性および再現性の高いテストのために設計されたマルチステーション型の機械です。本シミュレーターにより、人工膝関節の設計者および開発者は、現実に即した in-vivo シミュレーション条件下で、摩耗および摩擦のデータをコスト効率が高く正確な方法で測定できます.

Prosim Knee Wear Simulator (Independent Stations) の軸はすべて、モーター、ドライブおよびギヤ ボックスの組み合わせによって電気機械的に駆動します。 これによって、シミュレーターは条件の厳しい要求波形であっても忠実に実行できます.

当社のシミュレーターで過去 10 年以上に渡って測定された実証データは、Prosim Knee Wear Simulator でテストされた膝関節インプラントの摩耗パターンが、人間による数年間の使用で得られたパターンを正確に再現しているとの主張を裏付けています.

Prosim Knee Wear Simulator (Independent Stations) には、以下の様々な機能および利点があります:

  • 最大 6 つの膝関節インプラントの同時テストが可能
  • 各ステーションに 5 つの独立した関節軸を装備
  • 各ステーションにロード軸を装備
  • 各ステーションに 6 軸ロード セルを装備
  • ステーションごとに負荷浸漬を実行可能
  • 簡単な操作であらゆる関節/ロード サイクルをプログラム可能
  • プログラム動作の動作周波数: 最大 2.0 Hz
  • 歩行、ジョギング、ランニング、休憩を組み合わせてプログラムしたシーケンスを実行可能
  • 試験液温度を 37°C ±2°C に維持
  • 軸負荷: ステーションごとに 最大 5 kN
  • 屈曲/伸長軸のプログラム動作: 最大 ±90°
  • 前後のプログラム移動: 最大 ±15 mm
  • 脛骨回転軸のプログラム動作: 最大 ±300
  • 外転/内転軸のプログラム動作: 最大 ±100
  • 中央/側面の移動: 最大 ±10 mm
  • 力制御および変位制御の両方を実行可能
  • 深屈曲を再現可能
  • 使い易い Windows オペレーター画面
  • 位置および荷重のリアルタイム記録により、その場でテスト サイクルを検証可能
  • 臨床的および生理学的条件を再現したテストが可能

Prosim は、お客様の特殊なテスト要件に応じて、ステーションの追加、構成の変更 (例: ステーション 6 つのバンク 1 つ、ステーション 3 つのバンク 2 つ) など、シミュレーターのカスタマイズを提案いたします

Prosim Knee Simulator を使用した膝関節インプラントの摩耗テストに関する John Fisher 教授の公開論文をご覧になるには、こちらをクリックしてください。

独立ステーション型膝関節摩耗シミュレーター PDF
ホーム    お知らせ    サイトマップ    お問い合わせ